胡蝶蘭の秋の管理方法

      2016/10/11

花の付いていない胡蝶蘭の管理方法をご説明します。

お花の付いている胡蝶蘭の管理方法は胡蝶蘭の管理方法をご確認ください。
水やりなど管理方法が若干、違ってきます。

胡蝶蘭の置き場所

秋も直射日光は避けて、レースのカーテン越しに日光を当てて下さい。
夏に株がしっかりと成長していれば、多少薄暗くても大丈夫です。

また10月後半~11月には暖かいリビングで管理したほうが無難です。
玄関などは急激に気温が下がって株を痛めてしまう危険性があります。

ただし、ある程度は低温に当てないと花芽を出しません。
マンション以外にお住いの場合はリビングでも十分に花芽を出す気温になります。
マンションにお住いの場合は夜間も暖かく、花芽を出さない場合があるので調整が必要です。

胡蝶蘭の水やり

秋は夏に比べて気温も下がり、植え込み材の乾きも悪くなります。
夏と同様の間隔で水やりをするのは多すぎます。
しっかりと乾いた事を確認してからたっぷりと与えるようにして下さい。

胡蝶蘭の肥料

10月以降は肥料を切り、与えないようにして下さい。
気温が下がることで、胡蝶蘭の生育が止まるので肥料を必要としなくなります。

肥料を切ることで、花芽が出てきやすくなります。

 - 胡蝶蘭の育て方